2016年02月21日

想望

DMS16022.jpgDMS16022
仮 名:想望(そみ)
引上場所:石狩保健所
種類・特徴:シーズー
性 別:メス 体重:3.7s
年齢:2016/2月時点で推定2〜4歳
毛色・毛種:白・茶
6種ワクチン/避妊済/マイクロチップ
健康診断/フィラリア(−)


<写真クリックで全身画像>
多頭飼育されていた所から保健所に放棄された想望(そみ)。
保健所に収容されたときからふらつきが見られていました。
病院での診察では、前胸部の頸椎のヘルニア、両後足は膝蓋骨脱臼になっており
先天性の異常かもしれないそうです。
人の気配を感じると健気によろけながらも近づいてきて甘えてきます。
ご飯も好きで、時間をかけて一生懸命食べています。
小さい身体はいろいろ抱えていますが、元気に過ごしています。
新しい出会いを待つ想望にぜひ会いにいらしてください。
一連の石狩保健所から引き取りしたシーズーは、多頭飼育された近親交配です。
これまで近親交配が繰り返されていますので、
先天性の健康リスクを抱えた個体が生まれやすいという問題があります。
現在は健康に暮らしている場合も、
将来健康リスクが起きることがあることをお含みおきください。

尚、ご譲渡は避妊・去勢手術・健康診断・混合ワクチン接種・
感染症検査・マイクロチップ挿入等、全て終了してからとなります。
ご譲渡には、手術代等実費費用を頂戴しております。
詳しくは以下の譲渡にあたってのページをご覧ください☆
http://shippo.or.jp/02/boshu.html

************************************
想望は日中はしっぽで、
夜はスタッフが自宅に連れて帰り、
家庭の暖かさを感じながら暮しています。



*** 当会での様子は下記のレポートをご覧ください ***
◇ スタッフ報告〜足長組の想望ちゃん可愛いでしょー❤  2017.05.29


2016/05/31
レントゲン結果
・股関節、膝蓋骨脱臼・肋骨の変形・ヘルニアは無さそう
MRI結果
・水頭症・くも膜のう胞・脳炎の可能性
服薬で治療中
2016/06/08
運動神経学的簡易検査良好でした
ステロイドを減らしていく
2016/06/22
ステロイドの量を戻す
2016/07/8
ステロイド減らす
2016/07/27
経過順調 アミラック液のみで1ヵ月
2016/08/02
前日発作が起き、座薬が出る
2016/08/25
ステロイドを止めて1ヵ月経過したので甲状腺の血液検査
脳の神経の過剰な興奮を抑え、痙攣発作を抑える薬
生涯に渡る投薬が必要になると思われる
一過性で吐き気やめまいなどの症状が出るかもしれません。
2016/09/05
甲状腺の結果は正常値
少しずつ毛も生えてきているため、様子見
次回痙攣止めの薬が効いているか検査
2016/09/15
発作止めのお薬を続ける
2016/09/28
再診 問題なし
2016/10/26
突然激しく吠えたり唸ったりするのは、脳の病気の影響
頻繁に症状がでているので、早目に脳の状態をみる、詳しい検査が必要、10月31日再診
2016/10/31
脳のMRI 前回と変化なし
2016/12/14
再診 良好 次回3/15
2017/01/25
食欲が無く受診
点滴と血液検査
ステロイドの服薬
2017/02/01
超音波検査、血液検査
サプリで10日間
2017/02/10
血液検査
2017/03/03
肝数値高い、門脈体シャントの可能性
2017/03/21
痙攣発作、入院
2017/03/24
退院
2017/03/27
痙攣発作の後遺症で、頭が左に傾いている。
今回の痙攣は、水頭症、脳炎、門脈体循環シャントのいずれかが原因
薬が一種類追加。
2017/4/12
血液検査
アルブミンの低下があり、次回詳しく検査
他の数値は前回より良くなっていました
2017/4/28 入院
2017/05/03
退院 検査の結果先天性の多発性の肝内性の門脈体循環シャントとそれにともなう肝硬変と診断
肝外シャントは細い線が数本も出ており手術は難しく根治的な治療方法は存在せず、今後も症状の軽減を目指すしかなく今後さらに症状が悪化する可能性が考えられる
また腎臓に腎結石2つ見つかる
腎結石は肝外シャントの影響のアンモニウム結石と思われる
水頭症脳炎の症状は現在落ちついている
2017/06/14
血液検査、運動能力検査
肝硬変にもなっているのに前回とほぼ数値が変わらなかったのは良いこと
前回と同じ薬
次回は9/20(水)10時です
点耳薬
posted by しっぽ@いぬ at 22:54 | 終生預かり | 更新情報をチェックする