2017年01月28日

雪矢

DOS17001.jpgDOS16081
仮 名:雪矢(ゆきや)
引上場所:千歳保健所
種類・特徴:ミックス
性 別:オス 体重:14.35s
年齢:2017/1月時点で15歳
毛色・毛種:白茶・並毛
6種ワクチン/フィラリア(−)/健康診断
畜犬登録

<写真クリックで全身画像>
今年の1月12日に飼い主の都合で千歳保健所に放棄された雪矢。
保健所には迷子の犬や放棄される犬が収容される予定があり
雪矢の行き場が無くなってしまい、当会で引き取ることになりました。
飼い主には全くお世話をされていなかったようで、
室内飼いだったそうですが、身体は汚れ臭いもしていて爪は伸び放題で、
巻き爪な上に横に曲がった状態で地面に付いていました。
お散歩は好きなようですが、運動もさせてもらえていなかったのか
足腰が弱っているようです。
頭の斜頸が見られ少し痴呆も入っているようです。
食欲にもかなりのムラがあり、環境が変わりストレスなのか
人のご飯をもらっていたのか、犬のドライフードにはあまり興味を示さず、
現在は経過観察中です。
15歳と高齢ですし、介護が必要になるのもそう遅くはなさそうですが
今度こそ温かな家庭で安心して暮らせる日が来ることを願っています。
ぜひ、頑張る雪矢に会いにいらしてください♪

尚、ご譲渡は避妊・去勢手術・健康診断・混合ワクチン接種・
感染症検査・マイクロチップ挿入等、全て終了してからとなります。
ご譲渡には、手術代等実費費用を頂戴しております。
詳しくは以下の譲渡にあたってのページをご覧ください☆
http://shippo.or.jp/02/boshu.html

************************************
2017/02/24
健診時BUNが高かったため再検査
2017/03/03
貧血を改善する注射
フードを吐く、食欲にムラがあるため
消化酵素(フェンラーゼ)と貧血に効く(ネフガード)服用

************************************
3月10日、雪矢が虹の橋へ旅立ちました。
雪矢は、もともと食欲はなく思考を凝らさないと食べない状況でしたが
嘔吐するので、レトルト系の柔らかいご飯を与えていました。
健康診断と血液検査では腎臓や膵臓がかなり弱っていて
貧血も診られたため、薬や注射での治療をしていましたが、
亡くなる数日前からはご飯を受け付けなくなり、
皮下点滴を続けていましたが、前日にはまったく立てなくなりました。
15歳と高齢で身体も弱わっていて、放棄されたことや環境の変化は
かなりのストレスだったと思います。
それでも人が好きで、シッポを振ったり、可愛らしい面も見せてくれました。
新たな家族に出会うことは叶いませんでした。
皆さまとご一緒に雪矢の冥福を祈りたいと思います・・・。
(2017.03.13)
タグ:里親
posted by しっぽ@いぬ at 16:33 | 未定 | 更新情報をチェックする