2017年03月12日

二朗左衛門

DOS17024DOS16104
仮 名:二朗左衛門(じろうざえもん)
引上場所:渡島保健所森支所
種類・特徴:ゴールデン・レトリーバー系
性 別:オス 体重:21.05s
年齢:2017/3月時点で推定10〜12歳
毛色・毛種:茶・長毛
6種ワクチン/フィラリア(−)/健康診断
去勢済/畜犬登録済/マイクロチップ

<写真クリックで全身画像>
飼い主の都合で放棄された中型〜大型犬の7頭の繁殖犬たち。
二朗左衛門は、温厚で人好きな子です♫
心雑音、白内障、睾丸腫瘍の他、耳はほとんど聞こえていない様子です。
犬舎の中では自由気ままに歩いていますが、
首輪とリードを付けた経験がないためか上手に散歩できません。
高齢ですがまだ運動もできそうです。
ぜひ、二朗左衛門に会いにいらしてください♪

尚、ご譲渡は避妊・去勢手術・健康診断・混合ワクチン接種・
感染症検査・マイクロチップ挿入等、全て終了してからとなります。
ご譲渡には、手術代等実費費用を頂戴しております。
詳しくは以下の譲渡にあたってのページをご覧ください☆
http://shippo.or.jp/02/boshu.html

*** 当会での様子は下記のレポートをご覧ください ***
◆ いつもありがとう!日曜日の一コマ☆ 2017.03.17
◇ 元気いっぱい甘えん坊な一太朗と二朗左衛門♪ 2017.05.13

************************************
7月3日、二朗左衛門が虹の橋へと旅立ちました・・・。
7月7日には新たな飼い主さまへと譲渡される予定でしたので
本当に残念で悔しくてなりません・・・。
6月26日から食べたフードを吐くようになり、
入院しバリウム検査したところ、
食道に癌が発見され肺にも転移していることが分かり、
余命宣告を受けました。
2日、副代表が自宅で看取るために病院へお迎えに行きましたが、
起き上がる力もなく側で見守ってあげることしか出来ませんでした。
3日、亡くなる数分前、突然、無呼吸になり、
その後ゆっくり息を吐きだすことを繰り返した後、
14時50分、すぅーと静かに穏やかに虹の橋へと旅立っていきました・・・。
人が大大、大好きで明るかった二朗左衛門はまるで向日葵のような子でした。
家庭犬として余生を送ることは叶いませんでしたが、
スタッフのお世話で安心して過ごせたことや
ボランティアさんとの楽しいお散歩、
そして2日間だけでしたが家庭を味わったこと・・・
当会で過ごした4か月は
これまで経験したことのない穏やかな日々だったことでしょう・・・。
二朗左衛門を応援してくださった皆さま、足長会員の皆さま、
本当にありがとうございました<(__)>
皆さまと二朗左衛門の冥福をご一緒に祈りたいと思います・・・。
タグ: 里親
posted by しっぽ@いぬ at 15:03 | 未定 | 更新情報をチェックする