2014年12月16日

ジンタ

DOS14112.jpgDOS14112
仮 名:ジンタ
引上場所:石狩保健所
種類・特徴:ミックス
性 別:オス 体重:kg
年齢:2014/12月時点で推定4〜6歳
毛色・毛種:白黒茶/並毛
6種ワクチン/去勢済/フィラリア(−)
健康診断/マイクロチップ/畜犬登録済

<写真クリックで全身画像>
石狩市厚田区嶺泊で捕獲されたジンタ。
厚田区嶺泊では無秩序に繁殖され、
行き場の失った命が溢れかえっています。
これまで厚田区嶺泊で捕獲された犬たち同様、
人には全く慣れておらず、警戒心がとても強く
人や新しい環境に慣れるまでに相当時間が掛かりそうです。
ジンタはかなり臆病な性格なのか、保健所から当会に来る
途中の車の中でバリケンを壊し、車の中で大暴れしました。
ですが当会に来てからは少し落ち着いたのか、
部屋の真ん中で寝ていたり、ご飯も食べられるようになりました。
人が近くに来ると部屋の中を逃げ回りますが、撫でることは出来ます。
閉ざした心を開くには、相当の時間と覚悟が必要だと思われますが
ジンタも幸せな暮らしができるようになりますように・・
ぜひ、ジンタに会いにいらしてください♪

**********************************
お散歩の練習を重ね、今はだいぶお散歩が上手になりました。
車や知らない人が苦手で、見慣れた人にでも
未だにシッポを振ったり甘えたりすることはありません。
根はとても優しい子ですが、人に対してとにかく警戒心が
強いので、信頼関係を築くには時間が掛かりそうです。

2017.01.31
**********************************

尚、ご譲渡は避妊・去勢手術・健康診断・混合ワクチン接種・
感染症検査・マイクロチップ挿入等、全て終了してからとなります。
ご譲渡には、手術代等実費費用を頂戴しております。
詳しくは以下の譲渡にあたってのページをご覧ください☆

http://shippo.or.jp/02/boshu.html

************************************
2018/01/20 散歩を嫌がりご飯も残す
2018/01/22 熱が39.8℃ フラつき 皮下点滴 抗生剤 血液検査 貧血 入院
2018/01/23 輸血
2018/01/31 肝膿瘍の可能性 腹水を抜く
2018/02/02 貧血進む 腹水 下痢 元気もない

************************************
2月4日、ジンタが虹の橋へと旅立ちました・・・。
今年に入ってから、食欲にムラがあったり
大好きなお散歩も、途中で立ち止まり歩きたがらないなど
普段とは違った様子が続いたため診察をしたところ
心臓の音が悪く貧血も診られたため入院して点滴を受けました。
入院して治療をしても貧血が酷くなる一方でしたので
会の別の子から輸血をし、貧血が酷い時に比べると少し改善され
ご飯も自力で食べていたのですが、腹水も溜まるようになってしまい
全身浮腫み、毎日500ccの腹水が溜まるため腹水を抜く処置もしました。
病院での診断では『 肝膿瘍 』が疑われ、日に日に自力で歩ける距離も
短くなっていき、元気も無くなってしまいました。
肝臓に膿袋もたくさんできていて死期が間近であることと
病院ではこれ以上の治療は難しいとのことで
退院して会で様子を見守ることになりましたが
残念ながら翌朝、スタッフが出勤した時には
ジンタは亡くなってしまっていました。
ジンタが居なくなって寂しい気持ちでいっぱいですが
皆さまとジンタの冥福をお祈りしたいと思います。

タグ: 里親
posted by しっぽ@いぬ at 11:23 | 未定 | 更新情報をチェックする